ワンパーク

犬のケアについて|福岡のペットホテル・ペットショップ・ドッグカフェなら「ワンパーク」

ワンパークの電話番号
犬のケアについて
  • TOP
  • 犬のケアについて
  • ブラッシングの方法

    みなさん、ワンちゃんのブラッシングをお家でこまめにしていますか? ワンちゃんも人間と同様に新陳代謝によって毎日少しずつ被毛が抜け替わります。気温が上昇する3月~6月はそれが活発になり、夏に向けて冬毛から夏毛へと衣替えします。10月頃には、春より抜け毛は少なくなりますが、冬に向けて冬毛に生え替わります。これを「換毛期」と言います。

    長毛種(シーズー・マルチーズ・ヨークシャテリアなど)のワンちゃんのブラッシングはもちろん必要。 細くて切れやすい被毛なので被毛を痛めないようにブラッシングをおこないます。短毛種(柴犬・シベリアンハスキー・コーギーなど)のワンちゃんは長毛種のワンちゃんに比べお手入れは楽なようですが、古い抜けた毛(死毛)をそのまま放っておくとゴワゴワと手触りが悪くなってしまいます。

    どちらのタイプのワンちゃんにしてもブラッシングをこまめにしてあげることは大切!! 被毛に死毛が絡まり、ホコリが絡まり・・・毛玉になってしまいます。そうなると、皮膚の新陳代謝が悪くなるばかりか通気も悪くなりジメジメしてしまい皮膚病の原因に!小さな毛玉があるままシャンプーをしたりすると毛玉が固まって手芸のフェルトみたいになって、皮膚に貼り付いて上記の様な状態になってしまいます。

    あとは最悪なケースなのですが・・・毛玉が原因の皮膚炎に気付かずに放っておいておいてしまい、ハエがたかりウジがわいてしまうという!梅雨~夏は結構こういう可哀想な子が病院に運ばれます。このような場合は手でほぐしたり、ブラッシングして取ったりするのはワンちゃんにとって負担になってきますので、バリカンをかけたりハサミでカットします。そういう場合は私たちトリマーに任せて頂いた方が良いと思います。

    では、ブラッシングを始めてみましょう!

    初めてブラッシングを経験するワンちゃんや、ブラッシングに慣れていないワンちゃんは嫌がって逃げてしまったり変に怖がってしまったりしがちです。 トリミングをする時はトリミングテーブルに乗せて行ないます。テーブルに乗せる事でワンちゃんの行動を制限でき、作業中も手元が見やすいですよ。ただ、気をつけていただきたいのが、テーブルからワンちゃんが落ちてしまったりする事です。骨折などの大怪我につながる場合もあるので充分気をつけて下さいね。

    暴れてしまっているワンちゃんは、まず落ち着かせる事。優しく「イイ子ねー」など声をかけながら体を撫でであげたりしながら始めます。 ブラシをいきなりかけるのではなく、遊び感覚で少しずつブラシで体を触る感じで。ブラシは怖い物ではない事を覚えさせます。ブラシに慣れたら本格的にブラッシングです。

    スリッカー
    コーム
    スリッカーの正しい持ち方
    スリッカーを使う

    スリッカーはトゲトゲしていて痛そう・・・とのお声もたまに耳にしますが、この様に正しく持ち皮膚に対して平行に動かして見てください。痛くありませんよ。 ブラッシングしたい部分の被毛をめくり、根元が見えるようにします。斜めにあててしまうとピンが皮膚を引っかいてしまいますので気をつけて下さいね。

    特にお尻や首周り、脇の下、耳の後ろ、足の内側はもつれやすい所ですので念入りに。 脇の下や足の内側は軽く足を持ち上げてしますが、ワンちゃんに負担のかからない様に気をつけて下さい。 耳は傷つけやすいので耳の下に手を添えてブラッシングして下さいね。

    ブラッシングする順番を自分なりに決めておくとかけ忘れがないと思いますよ。 順番もいきなり顔の近くからだとビックリするワンちゃんもいるので、そういう子は背中やお尻からやっていくと良いでしょう。

    スリッカーをかけるのが終わったら今度はコーミングです。スリッカーをかけた部分に引っ掛かりがないかどうか、もつれ、毛玉を確認しながらコーミングします。コームを写真のように持ち皮膚に対して寝かせ気味に(45度くらい)コームをさし入れてとかします。このとき縦に入れてしまうと皮膚を傷つけてしまう原因になります。

    コーミングしているときに引っ掛かりがあればまたスリッカーでその部分のもつれ、毛玉をほぐしてからコーミングする。この繰り返しを行ないます。 毎日のブラッシングは大変ですが、出来るだけ習慣にして頑張ってみて下さい。ブラッシングは皮膚を清潔に保つだけでなく、体に多く触れるので飼い主さんとワンちゃんのとても良いコミュニケーションになると思いますよ!

    ブラッシングの方法

    飼い主さんで『最近、耳を痒がるんです』と言う方が結構多いのですが、お家での手入れでこのようなことはかなり予防できるのです。皆さん、ご存知でしょうか?耳の中を清潔に保つためには、まず耳の中に生えているいらない毛を抜いてしまうこと、コットンを使って耳の入り口付近と、外から見える範囲の耳の中の汚れをふき取って綺麗にしてあげることが重要です。 ここでは、耳掃除前のワンちゃんの様子のチェック・耳掃除する時のチェックポイント・耳毛抜き・耳掃除の仕方を紹介します。

    ★耳掃除をする前にワンちゃんの様子をチェック★

    1. 後ろ足で耳や耳の後ろ(首)など掻いていませんか
    2. 頭をバタバタさせていませんか?
    ※このような症状がある場合は耳掃除をせずに、動物病院へお連れください。

    ★耳の中を掃除する時のチェックポイント★

    1. 耳の中に大量の毛が生えていませんか?
     (耳の中がむれてしまい、汚れも溜まりやすいのです。すぐ耳毛を抜いてあげましょう。)
    2. 耳の皮膚(内側)が赤くなって炎症がおこっていませんか?
    3. 耳の中に汚れは溜まっていませんか?
     (ミミダニなどいないかは動物病院で検査をしてもらいましょう。)
    4. 耳の中がベタベタしてませんか?
    5. 耳の中から変な臭いはしませんか?(正常は無臭です。)
    ※このような症状がある場合は耳掃除をせずに、動物病院へお連れください。

    ①道具準備
    ②耳の中が見やすいように
    顔を抑えます
    ③片手で耳の中が見えやす
    いように軽く持ちます。
    ④開始!

    カンシを使って毛を抜き取っていきます。すごく難しい作業です。間違って耳の皮膚をつままないように要注意!!!傷つけると気にして掻き始めてかえって病気の素となります。 初めは2人がかりで押さえて動かないようにしてやりましょう。無理ならばワンパークにお任せください!

    カンシを片手で持ち、毛だけを挟んで抜いてください。 この時、大量に毛を挟んで一挙に勢いよく抜かないように注意してください。『いたーい』とワンちゃんが泣き叫ぶでしょう。少量の毛をカンシで挟み、そっと抜いてあげましょう。また、皮膚を挟まないように注意して下さい。1度挟んでしまうと、耳毛抜き嫌いになってしまいます。

    耳の中の拭き掃除の仕方

    耳毛が綺麗に抜けたら次のお掃除に入ります。チワワ・パピヨン・ゴールデン・ラブラドールなどで、もともと耳毛が生えないワンちゃんは拭き掃除だけでもOKです。今度は、耳の中の汚れをふき取ってあげましょう。

    ①コットンを指に巻きつけるか、カンシに巻きつけて
    コットンに洗浄液を付けます。
    ②耳の中が見やすいように
    顔を抑えます
    ③開始!

    耳毛抜きと同じように片手で耳の中が見えやすいように軽く持ちます。そして、耳の中を丁寧に汚れを取りながらふき取ります。 この時、見える範囲までにしてください。ワンちゃんに耳の中はL字型になっていますので、奥まで突っ込まないように注意してください。傷つけてしまう恐れがあります。また、気合を入れすぎてゴシゴシこすると赤くなってしまうので注意してください。(皮膚の弱い子ほど注意する必要あり)

    耳掃除は健康な子は週に1回くらいのペースでやってあげると良いでしょう。ミニチュア・シュナウザーのようにハイペースで耳毛が生えてしまうワンちゃんは、2週間に1回耳毛を抜いてあげることをお薦めします。耳毛があると汚れが非常に溜まりやすいのです。 何度も言うようですが、これらの処置は簡単そうで難しく危険です。自信のない方・ワンちゃんが暴れてできない方はワンパークにお任せください。でも、まずは自分で自分のワンちゃんの手入れをするのが基本です。 頑張って下さいね!

    こんなにキレイに!
    爪のお手入れの仕方

    ワンちゃんの爪、伸びてないですか・・・?爪なんて放っておいても一見たいしたことないようですが、実は放っておくと大変です! 何かに引っかかったはずみで前肢を痛めたり、目や皮膚を引っかいて傷をつけてしまったり、巻き爪になって肉球に食い込んで歩けなくなってしまったり・・・といろんなことを引き起こす原因になります。爪の中には血管が通っていて、爪と一緒に血管も伸びていきます。伸びきった爪を短くするには、その血管も切らなくてはならないのでワンちゃんに痛い思いをさせることになってしまいます・・・。そうならないように定期的に爪の伸び具合をチェックし、爪切りに挑戦してみて下さい!

    ★毎日、外にお散歩に行くワンちゃんは・・★

    地面(たいていはコンクリート)との摩擦によって、自然と爪がすり減っていくので爪きりはそれほど必要ないでしょう。ただし、前肢にある人間の親指にあたる爪は地面との接触がないので切り忘れてしまうと、巻き爪になってしまいます。この爪が伸びきってしまい、肉球に食い込みそうになっている子が結構いるので要注意ですよっ!

    ★ほとんどお家の中にいるワンちゃんは・・★

    外を歩くことが少ないので、爪がすり減らず伸びるのも早いものです。よく爪を見て、伸びていたら切ってあげて下さいね。

    ①爪切りを用意。
    ②深爪して出血してしまっ
    た時に化学的に焼き、
    止血する物です。
    ③ワンちゃんの足を持ち、
    支えてあげます。
    ④開始!

    爪切りに慣れていない子は嫌がって暴れてしまうかもしれないので、抱え込むように持ってあげると良いでしょう。(本当は子犬のうちからやってあげると良いんですよ!)それでもダメなら2人でやってあげて下さい。慣れている子は普通に足を持ち上げるだけでも大丈夫です。

    爪の色が白いの子は、ピンクに見える血管と、白い爪の部分の境目からちょっと先端寄りを切ります。黒い爪の子は、まず半透明な爪がないか探し、もしあったらその爪を切ってみてどのくらい伸びているかの目安にして下さい。

    そして、黒い爪を切る時は、輪切りにするように、少しずつ切っていきます。血管に近づくにつれて、断面の中心に黒いシンのようなものが見えてくるので、そのシンが見えてきた終わりです。

    最後に角を軽くとり、やすりで削ってあげたら爪切りは終わりです。爪を切る時点で血管のギリギリを切ってしまうと、やすりをかけた時に出血してしまうので注意して下さいね。 出血してしまった時、クイックストップがなかったら代用としてお線香の灰あるいは、燃やし終わったマッチの頭の部分をつけてあげると止血するとこができますよ!(熱いままではなく、冷ましてから付けてあげてくださいね!)

    爪切りは月に一度の目安でやってあげるのが良いでしょう。仔犬の爪は生後1ヶ月くらいすると鋭くなり、母親のお腹や兄弟を傷つけてしまう恐れがあるので、早めに切ってあげて下さい。この頃に無理に押さえてつけて爪を切ると、爪切り嫌いになってしまうので、初めのうちは本当に先の方だけを切り、慣らせる所から始めると良いでしょう!もし、自分でするのが駄目なようでしたら、ワンパークにお任せください!

    歯のお手入れの仕方

    歯の管理は、ホームケアが重要です。歯の手入れを一生懸命することで、口の中を見ることが多くなり、『あれ?前からこんなだったっけ?』と、異常に気付きやすくなるからです。そして、早期検査・治療により病気を防ぎワンちゃんの健康を維持することができます。 口の中を清潔に保つには、家庭での歯磨きがとっても大切です。歯磨きの目的は、歯垢の除去と歯肉のマッサージです。つまり、ワンちゃんも人間と同じなんですよ。 歯垢の除去には、おもちゃを使うこともありますが、歯の磨滅や歯肉の損傷などの危険がないわけではないので、もっとも安全で効果のある方法は歯磨きをすることになります。 ここでは、・チェックポイント・歯磨きの慣らし方・歯磨きの仕方を紹介します。参考にしてください。

    ☆歯磨きをするときのチェックポイント☆

    1. 口の中は臭くないですか?
    2. 口の中のできものはありませんか?
    3. 歯茎は腫れていませんか?
    4. 歯石はついていませんか?
    5. 乳歯はきちんと生え変わっていますか?残ったままになっていませんか?歯石がつきやすくなりますよ(生え変わり時期3~7ヶ月くらいの間)

    ☆歯磨きの慣らせ方☆

    1. マズルをつかんで口を閉じて、そのままの状態でいることになれさせます
    2. 静かに口唇をめくりあげて歯を調べます。口唇をめくることに対して慣れさせます。
    3. 口の周り触らせたり、歯を見せることに抵抗がなくなったら歯磨き開始です。
    ※『待て』ができて我慢することができたら、トリーツ(ご褒美)をあげてほめてあげてることも大事ですよ。

    まだ歯磨きになれていないワンちゃんは・・

    指歯ブラシを人差し指にはめて反対側の手でワンコの頭を動かないように押さえながら、親指で唇をめくりあげて、歯が見えるように持ちます。歯と歯茎をやさしくマッサージするように、こするだけです。まずは、前歯の外側だけからはじめましょう。

    【指歯ブラシ】
    慣れてきたら前歯から奥歯へ移動してください。すごく慣れたら歯の内側もマッサージしてください。これができたらかなり上達したことになります!

    歯磨きに慣れているワンちゃんは・・

    さぁ、指歯ブラシに慣れたら本格的に歯ブラシを使ってみがきましょう。歯ブラシを持つ反対側の手でワンコの頭を動かないように押さえながら、親指で唇をめくりあげて、歯が見えるように持ちます。 歯ブラシを歯と歯茎の間にあてて、円を描くように歯と歯茎をマッサージしてあげてください。 この場合もいきなり歯ブラシでゴシゴシ長い時間みがくと、『何するんだ~』っと、驚くので焦らずに前歯だけから始めてください。

    【歯ブラシ】
    慣れてきたら前歯から奥歯へ移動してください。すごく慣れたら歯の内側もマッサージしてください。これができたらかなり上達したことになります!

    歯磨きは生後2ヶ月くらい(乳歯の頃)からはじめて、リラックスした状態で毎日・食後に行うことが理想です。つまり、しつけの一環なのです。 毎日たいへんですが、ワンちゃんの健康を守るためにみなさんもチャレンジしてください。また、年に1回健康診断で獣医師にチェックしてもらうことをお薦めします。

    肛門腺絞りのコツ

    肛門腺とは?

    肛門の左右には臭腺が一対あります。この臭腺は袋になっていて、その中に悪臭のある分泌物が入っています。臭腺から続く管が肛門括約筋の左右につながって開いているので肛門を左右から押してやると脂状の貯留物が排泄されます。この脂状の貯留物が肛門腺や肛門膿などと呼ばれているものです。イタチやスカンクなどがくさいおならをしますがそれと同じ物で犬や 猫では退化しています。

    肛門腺絞りの目的とは?

    大型犬の中には、自分で便をする時に肛門腺を一緒に排泄することが出来る子もいますが、小型犬や中型犬など現在の犬は、肛門腺を絞り出して排泄する力を持っていないので、ヒトが絞り出してあげなければいけません。肛門腺を絞らずに放っておくと化膿したり炎症をおこしたり、ひどい時には破裂してしまうこともあるので十分に絞り出してあげる必要があります。

    肛門腺を絞る目安

    だいたい1ヶ月に1回は絞り出してあげるのが良いと思います。ワンちゃんによっては、肛門腺がたまりやすい子もいるし、あまりたまらない子もいます。ワンちゃんがお尻を床にひきずったり、お尻を気にして舐めているいる時は、肛門腺がたまっている合図です。すぐに絞り出してあげましょう!

    肛門腺絞りの方法

    尾を片方の手で持ち上げて肛門を時計の文字盤に例えて、ちょうど4時と8時にあたる所をもう片方の手にティッシュペーパーやトイレットペーパーなどを間に挟んで、指で押さえます。押さえた所を下から上に押し上げるような感じで絞り出すと、肛門から悪臭のある膿みたいな物がでてきます。ティッシュペーパーやトイレットペーパーなどで肛門腺をきれいにふき取ってあげます。

    ※臭いが強いので衣服等につかないように注意して下さい。シャンプーの前に絞り出してあげると、そのまま洗い流してしまう事が出来るのでティッシュペーパーなど使わなくても良いし、臭いも残らないので一番良いと思います。

    最初はコツなどわからなくて、上手に絞れないかもしれませんが、何度もやっているうちにだんだん覚えていきます。覚えてしまえば誰にでも出来るものなのであきらめずにトライしましょう!ウェルッシュコーギー・ペンブロークや大型犬、ポッチャリした子は、特に絞りにくいので、うまくいかなければワンパークにお任せください!

    • ワンパークゴールド会員
    • ワンパークメールマガジン
    • ワンパークアンケート調査
    • WEBカメラ
    • クリスタルネイル